2014年10月19日

ダイエットの基礎知識「1日に200〜300kcalのエネルギ-を消費するだけの運動を行う」

適度な運動は食事療法の効果を高めることができます。つまり、「エネルギーのむだづかい」がじょうずになって、太りやすい代謝状態を太りにくい代謝状態にかえる働きがあるのです。

適度な運動とは、1日に200〜300kcalを消費する運動です。これを無理のない形で、できるだけ毎日行うようにします。以下に100kcalを消費するのに必要な運動量の目安を書いておきます。この中から自分の実行しやすい運動を選び、毎日実行するようにしましょう。

た、日常生活の中で、体を動かす習慣をつけることもたいせつです。マイカー通勤やタクシー利用をやめ、会社でもエレベーターに乗らずに階段を利用するなど、ちょっとしたことに気を配って、おっくうがらずにできるだけ体を動かすように心がければ、かなり運動の効果を期待できます。なお、なわ跳びやジョギングなど比較的きつめの運動をするときは、ダイエット開始後2〜3週間目からにすること。減量に体を慣らしてからでないと体調をくずすことにもなりかねません。
  • ゆっくりした歩行(60m/分)…38分
  • 普通の歩行(70 m/分)…32分
  • 急ぎ足の歩行(70m/分)…19分
  • 階段の上り下り…20分
  • 軽いジョギング…20分
  • 強めのジョギング…12分
  • ゴルフ…24分
  • クロール…5分
  • 平泳ぎ…10分
タグ:ダイエット
posted by ダイエットマニア at 15:57 | Comment(0) | ダイエット

正しいダイエット知識「1日3回食事をとる」

食べたり食べなかったり、ムラがあると、体のほうで、この次、いつエネルギーが補給されるかわからないので、栄養を脂肪としてため込んでしまいます。
いくら計算して食事をしても、このように栄養吸収が狂っては、やせることはできません。このような事態に陥らないために、まず食事時間をしっかり決めます。
3食を決まった時間に規則的にとるわけです。そして、食事量は、体の活動時期である朝と昼は多めに、休息期に入る夕食は少なめにしてください。夕食は午後8時以前にとることが原則で、8時以降、あるいは寝る2〜3時間前以降は食べないようにすることです。

ただ、不規則な生活をしている場合、このような食事の仕方は無理かもしれません。しかし、たとえそうであっても、食事時間は、ある程度決めておきましょう。なお、忙しくても、規則的な食事をとるためには、ひとりでもきちんと食事できるという習慣をつける必要があります。生活が不規則だからダイエットできない、ではなく、それぞれの生活に合わせて行うのがほんとうのダイエットです。
タグ:ダイエット
posted by ダイエットマニア at 15:47 | Comment(0) | ダイエット

正しいダイエット知識「栄養バランスのとれた食事」

健康をそこなわずにやせるには、バランスのよい食事、いいかえれば1日に必要な栄養素を全部きちんととり、そのうえでエネルギーを低く抑えていくことが基本です。

1日に必要な栄養素とは、糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの5つです。

まず糖質ですが、この栄養素を主に含んでいる食品としては、穀類、いも類、豆類があります。ダイエット中でも、糖質は、1日最低100g(ご飯軽く2膳分)以上をとります。

次に、筋肉や血液のもととなるタンパク質です。タンパク質が多く含まれている食品には、肉類、魚類、卵、牛乳や乳製品、大豆とその製品などがあります。
タンパク質は体の成分として最も重要で、1日に、自分の標準体重1短あたり1〜1.2gは必要です。脂質もエネルギー供給栄養素として、糖質と並んで大事です。
ダイエット中は油脂類の摂取を減らし、エネルギーを抑えるのが原則ですが、油を全くとらないのは好ましくありません。質のいい油がダイエットに効果的であるケースに注目が集まっています。

最後にビタミンやミネラルですが、これらは野菜をはじめ、さまざまな食品に含まれています。
タグ:ダイエット
posted by ダイエットマニア at 15:41 | Comment(0) | ダイエット